最適なコミュニケーション|美容商品の在庫管理を効率的に行なう|クラウド型システムの導入

美容商品の在庫管理を効率的に行なう|クラウド型システムの導入

コンサルタント

最適なコミュニケーション

男女

企業内における情報コミュニケーションというのは、電子メールが主流だと言われてきました。しかし、電子メールによる情報コミュニケーションというのは、タイムロスが大きいといったデメリットがあったのです。電子メールで情報コミュニケーションを行なう時、送り手は文章の入力を行ないます。その時、送信先の相手が先輩や上司であれば、挨拶文や定型文まで入力する必要がありました。その結果、入力する文字数が増え、送信までに時間が掛かってしまうようになったのです。また、時間を掛けて要件を入力し送信したとしても、相手からいつ返信がくるか分かりません。要件の内容によっては、返信がこないことによって大きなタイムロスを発生させるでしょう。近年では、そういったタイムロスの問題を解決した情報コミュニケーションツールとして、「グループウェア」が注目集めています。

グループウェアというのは、チャットシステムを企業向けに改良したものです。その特徴は、リアルタイム性のあるコミュニケーションにあります。グループウェアはチャット形式での情報コミュニケーションとなっているため、基本的に短文でのやり取りとなるのです。短文でのやり取りというのは、会話に近いといわれています。何より、グループウェアはパソコンやスマートホン等、様々なデバイスにて利用可能です。その機能により受信メッセージのポップアップ受信を行なうこともでき、メッセージに気づかないといったことも少なくなりました。また、入力する文章も短くていいため、少しでも手が空けば返信することが可能です。このように、グループウェアを導入することによって、情報コミュニケーションにおいて発生するタイムロスを大幅に抑えることができるのです。